勘次郎胡瓜

約130年前に山形県真室川町の旧家に伝わり、以来、その子孫らによって大切に守られてきた奇跡の胡瓜です。胡瓜独特の青臭みがなく、水分が特に豊富。淡い黄緑色でずんぐりとした形状も珍しい。まずは生で食べるのがおすすめ。冷水に泳がせて適度に冷やした勘次郎胡瓜を乱切りにして天然塩をパラりと振り、エキストラバージンオリーブオイルをサーっと回しかけたら出来上がり。あれば生ハムを添えても。それだけでごちそうが一皿出来上がり。暑い夏こそ食べていただきたい体の芯からほてりを取り去るさわやかなサラダです。
外見の特徴から華南系黒イボ胡瓜の仲間とされ、もともとは中国南部が原産と考えられています。現地には今だに近縁の胡瓜が残っていて、そちらでは加熱して食べられることが多いようです。ということで野菜炒めやコンソメスープなどの過熱系調理にも向いており、和洋中各種の味付けにもアレンジがきく万能胡瓜です。もちろん一般的な緑色のキュウリで出来る料理は何でも作れますし、漬物、ピクルスなども美味しくできます。

〈ご注文の前にお読みください〉
※一度にご購入いただける個数は1個までとなっております。
※ご注文いただいた日から10日以内にお届けいたします。
 配達日の指定はできませんが、平日か土日の希望、配達時間の希望は「備考」欄にご入力いただけますと、ご注文受付メールにて配達日、配達時間帯をお知らせいたします。
※クール便での発送となります。商品代金にクール加算料金が含まれています。
※ほかの商品との同梱発送はできません。
  • 1,404円(税104円)
1.2堝り(5〜6本)1.8堝り(8〜11本)
種類

商品一覧へ戻る

種類
1.2堝り(5〜6本)1.8堝り(8〜11本)