蛍かごハンギングタイプ

らせん状の見た目が面白い蛍かごはもともとは、底が平らなスタンドタイプが一般的で、大きさも、20cm前後でした。かつては実際に蛍を入れて愛でたり、鈴虫やコオロギなどの鳴く虫を入れて室内で虫の音を楽しむために使ったもので、「虫かご」と呼ばれることもあります。その技術をもとに、底がとがったハンギングタイプの形状にアレンジしたものと2タイプの蛍かごがあります。

材料には藁の硬い芯の部分のみが使われています。その芯の部分だけにする作業も地道な作業です。藁の根元の太いストロー部分を穂先の細い部分にジョイントして繋ぎながら編み進めていきます。実際に虫を入れることもできますが、ほとんどの場合、室内のインテリアとして飾っていただくことが多いです。虫を入れる場合は、優しくぞうきんを絞るような要領で蛍かごをひねりますと、隙間ができますのでそちらから入れます。ただし、虫を取り出す場合は大変苦労することが想像できます。また、この商品には、一部補強が必要な場合を除き、接着剤などは使用しておりませんので、急激にひねったりすると、藁のジョイント部分が外れ、元に戻らなくなる場合がございますので、ご注意ください。

ハンギングタイプのサイズは、かご部分の全長約20cm〜約60cmの範囲での4種類(S、M、L、LL)からお選びいただけます。いずれも、手作り商品のため、商品ごとに形状や色合いが若干異なる場合がございますが、ご理解の上ご注文ください。商品写真はおおよそのサイズ感のイメージ写真です。

LLサイズ:かご全長約60cm(±5cm)
Lサイズ:かご全長約45cm(±4cm)
Mサイズ:かご全長約30cm(±3cm)
Sサイズ:かご全長20cm(±2cm)


※ご注文を受けてからの制作となりますので、発送までお時間をいただきます。納品時期は、別途メールにてお知らせいたします。
※本商品の作成所要期間・・・2週間以内/個
  • 21,384円(税1,584円)
LL
サイズ

サイズ
LL