しおり

稲藁の中でも、最も根元に近い稈の部分ばかりを一節ずつを集め、これを4本使い、真田編みという編み方で作られる「しおり」です。節の部分がもともと黒い種類の古代米を使っていて、その節の部分がデザインのアクセントとなっています。本来のしおりとしてお使いいただくことはもちろん、糸でつるして飾ってもまたかわいらしい一品です。

サイズ:全長約18cm(±2cm)

※ご注文を受けてからの制作となりますので、発送までお時間をいただきます。納品時期は、別途メールにてお知らせいたします。
※本商品の作成所要期間・・・1週間以内/本
  • 324円(税24円)